赤ちゃんの首すわりはいつ首すわりの時期や判断方法について解説!

赤ちゃんは、日々めざましいスピードで成長しています。
昨日までできなかったことが、今日できているということもあり、3人の子育てをしている筆者自身、こどもたちの成長に驚かされています。

この記事では、赤ちゃんの運動機能の発達における第一歩となる「首すわり」について解説します。

「首すわりはいつ?」

「首がすわっているのか分からない」

というママ・パパに向けて分かりやすく解説します。

そもそも首すわりとは?

首すわりとは「大人が赤ちゃんの頭を支えなくても首がグラグラせず安定していること」をいいます。赤ちゃんは生まれてから筋肉が未発達のため首がグラグラとしていますが、成長に伴い徐々にしっかりとしてきます。

赤ちゃんの発達段階の目安として生後3~4か月健診では、首のすわりもみます。

赤ちゃんの首すわりの時期はいつ?

赤ちゃんの首すわりは、一般的にはいつ頃なのでしょうか?

首すわりには個人差があるので平均を知って「早い」「遅い」などと心配しなくても大丈夫です。あくまでも平均なので大体これぐらいだと、目安として知っておきましょう。

 一般的には生後3~4か月ごろが目安

首すわりは、一般的には生後3~4か月頃に完成します。厚生労働省のデータによると生後4ヶ月以上5か月未満の赤ちゃんの90%以上が首すわりを認めています。

 成長には個人差がある

前述したとおり、赤ちゃんの首すわりの時期は一般的には生後3~4ヶ月頃。しかし、赤ちゃんそれぞれの成長スピードがあるので平均に捉われる必要はありません。

首すわりの早い子もいれば、ゆっくりの子もいます。みんなが同時にできないのは当然です。
周りを気にしすぎず、どんと構えて見守りましょう。

生後3~4か月頃に首すわりを判断する4つのポイント

首すわりは徐々に進んでいくものなので、毎日赤ちゃんと関わっているママ・パパは気付きにくい場合があります。そのため、赤ちゃんの首すわりの状態を判断するポイントをご紹介します。

成長のスピードは赤ちゃんによって異なるので、明らかに難しい場合は無理せずタイミングをみて後日挑戦しましょう。

1.腹ばいにすると頭をあげる

赤ちゃんをうつ伏せにし、赤ちゃん自身で頭を持ち上げることができるか確認する方法です。このとき、頭をあげて周囲を見渡すことができれば首がすわっている状態といえます。

頭をあげることが難しい場合には、まだ首すわりは完了していません。

2.仰向けで両手を引くと頭が遅れずについてくる

赤ちゃんを仰向けにして両手を持ち、優しくゆっくりと引き起こします。45度程度まで上体を引き起こしたときに頭と体が同時に持ち上がっていれば、首すわりが完了している状態

首すわりが完了していない場合は頭がついてこないので、無理に続けず次回改めて確認してみましょう。

3.縦抱きをして姿勢を保つことができる

縦抱きも首すわりを判断するポイントになります。赤ちゃんを縦に抱っこして首すわりを確認しますが、このとき、いきなり縦抱きをすると危険なのでまずは頭と首、お尻をしっかり支えた状態で縦抱きをしましょう。

すぐに手で支えることができる位置で首と頭を支えている手を少し離します。このとき、支えがなくても首がグラグラせず安定していれば首がすわっている といえます。

4.医師や保健師などの専門家に確認してもらう

首すわりの判断ポイントをお伝えしましたが、毎日身近で見ているママやパパは判断が難しい場合もあります。そのような場合には医師や保健師などの専門家にみてもらうことが大切。

実際、私が看護師として勤めていた小児科でも、首すわりを心配したママ・パパが受診をされていました。健診時に首のすわりがまだの場合にも、小さいうちは予防接種などで病院に行く機会が多いので再度首すわりを確認してもらうと良いですよ。

首すわりの練習はいつからするべきかを解説!成長の度合いに合わせた練習方法

首すわりは個人差があり、早い子だと生後2か月頃から首すわりの兆候が現れます。また、ゆっくりペースの子では生後6か月頃に首すわりが完了する子もいます。

首すわりは、無理な練習をしなくても時期がくれば自然とできるようになります。しかし、赤ちゃんとの遊びをとおして楽しく首すわりを促すことができるのであれば知っておいて損はないですよね。

ここでは、首すわり練習の適切な時期や練習方法をお伝えしていきます。

遊びの中に首すわりの練習を取り入れよう

首すわりの練習といっても、生後間もない赤ちゃんに無理な練習は禁物。赤ちゃんとの自然な触れ合いや遊びのなかで首周りの筋肉を発達させるような関わりをもつことが大切です。

感覚遊び:生後0か月頃から

赤ちゃんは、音が出るおもちゃや動くものが大好き。生後間もない赤ちゃんの視力は未熟ですがママやパパの声、周囲の音ははっきりと聞こえています。

赤ちゃんの名前を呼んで優しく話しかけてあげましょう。赤ちゃんが機嫌よく起きているときは、赤ちゃんの目で追える範囲でゆっくりとおもちゃを動かしたり、音の出るおもちゃを鳴らしてあげるのもおすすめです。

生後2か月ごろになると、物の動きを目で追うことができるようになるので、赤ちゃんはおもちゃを目で追ってみたり首を動かす、手を伸ばすといった次の行動につながっていきます。

縦抱き:生後1か月頃から

首すわり前の赤ちゃんは横抱きが基本ですが、頭と首をしっかり支えた状態で短時間であれば縦抱きが可能です。普段とは違った景色をみることができるので、ご機嫌になる赤ちゃんもいます。

うつぶせ:生後2か月頃から

あかちゃんをうつぶせの姿勢にすることも首すわりを促すうえで効果的。うつぶせにすると赤ちゃんは頑張って顔をあげようとします。

このことにより背中や首の筋肉の発達や、バランス感覚の発達につながります。嫌がって泣いてしまう場合には無理はせず、赤ちゃんのペースで行いましょう。

ママやパパのお腹の上にのせてうつぶせにしてあげると安心して行える場合もあります。

首すわり練習時の注意点 

首すわりの練習時は、以下の3点に気を付けて行いましょう。

・授乳後すぐや、空腹時は避ける

・目を離さずに行う

・安全な場所で行う

授乳後すぐは、せっかく飲んだ母乳やミルクを吐いてしまう場合があるので1時間程度あけるようにしましょう。また、布団やクッションなどのやわらかいものが周りにあると窒息の危険があるので、赤ちゃんにとって危険なものは遠ざけ、安全な場所で終始見守りながら行いましょう。

無理はせず、赤ちゃんの機嫌の良いときに赤ちゃんとの遊びの一環として楽しむことが大切です

首すわり前の抱っこは基本「横抱き」

生まれて間もない赤ちゃんは、首がすわっていなので縦に抱っこをすると首が安定せず危険です。首すわり前の赤ちゃんの抱っこは、基本横抱きにしましょう

首すわり前の赤ちゃんの抱っこ方法

首すわり前の赤ちゃんを抱っこするときは、必ず「頭と首、お尻」を支えましょう。
まず、仰向けで寝ている赤ちゃんの頭を両手で持ち上げ、片手を頭の下に差し入れます。その後、空いている方の手を股の下に入れておしりと背中を支えます。

赤ちゃんを引き寄せ、腕全体で抱っこするとママも楽ですよ。赤ちゃんは頭が重いのでバランスを崩さないよう注意しましょう。


赤ちゃんが安心する抱っこのポイント

赤ちゃんは、ママのお腹にいる頃からママの温もりやにおいを感じています。そのため、ママの胸当たりで赤ちゃんを抱いてあげると、安心感や満足感を感じることができます。

また、赤ちゃんは腹式呼吸なのでお腹を圧迫して呼吸をさまたげないように気を付けましょう。

赤ちゃんの成長に合った抱っこ紐を使おう

抱っこ紐には「横抱き」「縦抱き」「おんぶ」などさまざまなタイプのものがありますが、必ず赤ちゃんの成長に合った抱っこ紐を使用しましょう。なかには新生児期の頃から3歳頃まで使えるものもあり、長期的に使えるので非常に便利です。

筆者も、成長に合わせて抱き方を変えられる抱っこ紐を使用していました。肩や腰に負担のかからない抱っこ紐などもありますが、長時間の抱っこは大変です。

そのため、パパも使える男女兼用のものだとママの負担も減り、パパも育児に参加しやすくなるのでおすすめです。

首すわり前の縦抱きは短時間

首すわり前の縦抱きは頭~首、お尻をしっかり支えた状態で短時間であれば可能です。実際に、授乳後は新生児であっても縦抱きをして赤ちゃんの胃を縦にし、げっぷを促します。

また、縦抱きはいつもと違った景色が見えることから赤ちゃんにとっても気分転換になります。しかし、長時間に及ぶ縦抱きは赤ちゃんの負担が大きいのでNG。
赤ちゃんの未熟な筋肉に負担がかかることに加え、窒息の危険もあります。

首すわり前に気を付けるべきポイント3つ

首すわりが完了していない赤ちゃんは、まだ自発的に動くことが少ないです。しかし、油断は禁物。
首すわり前であっても危険は隠れています。首すわり前に注意すべきポイントをお伝えします。

揺さぶらない

首すわり前の赤ちゃんは首が安定せずぐらぐらしています。そのため、揺さぶると頭や首がガクっとなってしまい筋肉やじん帯に損傷を負う場合があります。

また、頭や首が大きく揺さぶられることにより脳も損傷を受ける危険があります。「たかいたかい」などの抱っこ遊びも激しくならないよう注意しましょう。

周りの環境を整えましょう

赤ちゃんは危険を察知する能力が未熟なので、過ごす環境に配慮する必要があります
主に注意する点は以下の通りです。

  • 赤ちゃんの周囲に落下するような物をおかない
  • ぬいぐるみやクッションなどのふわふわしたものを近くに置かない
  • 布団や、枕が覆いかぶさらないように注意する

寝具などの柔らかいものであっても、万が一覆いかぶさってしまった場合、赤ちゃんは自分でどけることができず窒息してしまう危険があるので注意が必要です。

うつぶせ寝は危険

赤ちゃんのうつぶせ寝は、窒息や乳幼児突然死症候群の危険があります特に首すわり時期の赤ちゃんはまだ寝返りができていない場合が多く、柔らかい布団や枕に顔が埋まり窒息してしまう危険があります。

1歳未満の赤ちゃんに突然の死をもたらす「乳幼児突然死症候群」のリスクの一因としてうつぶせ寝があげられており厚生労働省も「1歳になるまでは、寝かせるときはあおむけに寝かせましょう」と推奨しています。

そのほか乳幼児突然死症候群の発症リスクを下げるポイントとして「できるだけ母乳で育てること」「たばこをやめること」を推奨しています。とても怖い病気ですが、このような病気があることや、発症のリスクを下げるポイントについて知っておくことは大切です。

首すわり後の赤ちゃんとママの変化

赤ちゃんの首がすわると、赤ちゃんもママも大きく生活に変化を感じるとこができます。どのような変化があるのか、赤ちゃんとママの視点から詳しく見ていきましょう。

視野が広がる

首すわり前の赤ちゃんは、限られた範囲でしか周囲を見ることができませんでした。しかし、首がすわると赤ちゃんの見える世界は一変します。

赤ちゃん自身が興味のあるものを自由に首を動かして見ることができるようになります。もちろん、大好きなママやパパのお顔も赤ちゃん自ら見ることができるようになるんです。

ふと気が付くと、こちらをじっと見つめてくれている赤ちゃんと目線が合うととっても可愛く愛おしい気持ちになりますね。

興味のあるものに手をのばす

首すわり後の赤ちゃんは、これまでよりも視界がひらけるため、自分の興味のあるおもちゃやママ・パパの顔などさまざまものに手を伸ばすようになってきます。

手で触れると、次は口に入れて確かめます。そのため、おもちゃは赤ちゃんの手でも持ちやすく、万が一当たっても痛くないものが安全です。

赤ちゃんは安全なものと危険なものの区別がつかないので、赤ちゃんの周囲に危険なものは置かないように気を付けましょう

服の幅がひろがる

これまで上下がつながった服を着ていた赤ちゃんも、首がすわると上下が別れたセパレートタイプのベビー服を着れるようになります。つなぎの服も小さいうちしか着ることがないのでとっても可愛いですが、セパレートタイプはデザインが豊富でコーディネートの幅もグンと広がります。

特別な日はセパレートタイプの服を着るなど、洋服選びも楽しみになります。

家事や外出の負担も減る

首がすわるとママやパパの負担も一気に軽くなります。これまで横抱きが基本だった赤ちゃんも縦抱きができるようになることで、おんぶをしながらの家事も可能になります。

おんぶだと両手が空くので家事もスムーズ。筆者もおんぶをしながら家事をしていましたが、安心するのかそのまま寝ていることもありました。

さらに、抱っこが楽になると移動も楽になります。首がすわっていない赤ちゃんを連れての移動は神経も使うので大変ですが、首がすわると赤ちゃんも安定しているので気持ちの面でも安心です。

首すわりのタイミングはそれぞれ。赤ちゃんの日々の変化に目を向けよう

今回は、赤ちゃんの首すわりの時期や判断方法、首すわり前後の赤ちゃんとの関わり方や変化についてお伝えしました。首のすわりについて不安なことや聞きたいことがある場合には一人で悩まず小児科や保健センターに相談しましょう。

子育てをしていると、どうしても周りの子や一般的な平均にとらわれてしまいがちですが、一番大切なことは、昨日までの我が子と比べること以前と比べて成長していることがたくさん見つかるはずです。

赤ちゃんの首がすわると、次の発達段階は寝返りです。
赤ちゃんと一緒に、一つひとつの記念日を素敵な日にしましょう

関連記事はこちら

ライター情報
memorico 編集部
さくら みはる

【資格:看護師 小児科にて勤務経験あり】
ライターのさくら みはると申します。11歳・5歳・2歳の3人のこども達の母です!
こどもたちは一人ひとり性格も異なり育児の大変さに日々悩み、奮闘しています。
前職は看護師として病院に勤務していました。
小児科での勤務経験もあるので、母として看護師として、育児に悩むママ達の気持ちに寄り添えるような役立つ情報を発信していきます。よろしくお願いします!

子育て方法
子育てメディア memorico
タイトルとURLをコピーしました