ベビースイミングはいつから始める?体験者が感じた効果(メリット)とデメリット

ベビースイミングはいつから始める?体験者が感じた効果(メリット)とデメリット

公開日:

更新日:

赤ちゃんの初めての習い事として人気のあるベビースイミング。ベビースイミングには親子でふれあいながら運動できるという魅力があります。

しかし一方で、赤ちゃんをベビースイミングに通わせたけれど、効果を実感できなかったというママたちも。

「本当にベビースイミングに通う意味はあるの?」「興味はあるけど、何のメリットも無いのは嫌だな…」そのような不安を感じるママ・パパも少なくないのではないでしょうか?

この記事では、ベビースイミングのメリットとデメリットを解説するとともに、ベビースイミング経験者の先輩ママたちの"本音"も紹介しています。

赤ちゃんの初めての習い事にベビースイミングを検討しているママやパパは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベビースイミングってどんなことをするの?

ベビースイミングってどんなことをするの?
ベビースイミングは赤ちゃんとママ・パパ(保護者)が一緒にプールに入り、スキンシップを図りながら簡単な運動を行う教室です。

おもちゃ遊びやリズム体操などを通じて、赤ちゃんは自然と水中での体の使い方を覚えていきます。

ベビースイミングでは、四泳法などの本格的な泳ぎ方は教えてもらえないものの、バタ足などを教えてもらえるスクールもあるので、赤ちゃんのレベルが上がれば自由なスタイルで泳ぐことも可能です。

ベビースイミングはいつから始めるのがベスト?

ベビースイミングはいつから始めるのがベスト?
ベビースイミングスクールの生徒の受け入れ月齢はスクールによってさまざまですが、生後6ヶ月前後からというケースが一般的です。早いところでは生後4ヶ月や、首が座ったらという基準を設けているスクールもあります。

ベビースイミングを始めるベストタイミングは個人によって異なりますが、いつ始めたら良いのか迷うようであれば、まずは赤ちゃんの腰が座るタイミングを目安に始めてみてはいかがでしょうか?

腰が座ると赤ちゃんは一人で座れるようになるので、ママ・パパのサポートの負担も軽減されますよ。

すでに腰が座っている赤ちゃんであれば、水に恐怖心を抱く前の早い時期か、ある程度大きくなって水遊びを楽しいと感じるようになってから始めるのがおすすめ。水への恐怖心が少ない方が、よりスムーズにレッスンに慣れることができるでしょう。

べビースイミングはどこでできる?

べビースイミングはどこでできる?
コナミスポーツクラブやルネサンス、セントラルスポーツなどのプールを備えたフィットネス施設や、キッズのスイミングスクールではベビースイミングクラスを開催しているところが多くあります。

また、公営プールでもベビースイミングを行っている場合もあるので、お近くのプールがある施設に問い合わせてみましょう。

ベビースイミングの月謝やコストはいくらかかる?

ベビースイミングの月謝やコストはいくらかかる?
ベビースイミングは週1回のプログラムから通い放題のフリープログラムまで、スクールによってシステムが異なります。そのため月謝の額もスクールによってまちまちなのですが、相場は月額4,000円~10,000円程度です。

そして月謝に加えて水着代とスイムキャップ代も必須です。また、スクールによっては、入会金や教材費、スクールバッグや水遊び用のオムツの購入費用などが掛かる場合もあります。

このようにベビースイミングに掛かる費用は、スクールによって差があるので、入会前によく確認しておきましょう。

親が泳げないと通わせられないの?

親が泳げないと通わせられないの?
泳ぎが苦手なママ・パパの中には「わが子には泳げるようになってもらいたい」という理由から、赤ちゃんをベビースイミングに通わせようと考える人もいることでしょう。

しかし、ベビースイミングでは、必ず保護者が赤ちゃんのサポートを務めなければならないため、「泳げない自分にサポートができるかな?」と不安に感じている人もいるかと思います。

ですが心配はいりません。ベビースイミングではプールに入ることはあっても、基本的に泳ぐことはないので、水泳経験が少ないママ・パパでも問題なく参加できます。

ママ・パパの不安は赤ちゃんに伝わるので、たとえ泳ぎが苦手でも、レッスン中には水遊びを楽しむ姿を赤ちゃんに見せてあげてくださいね。

ただし、顔つけや潜水をする機会があるので、それらが難しいママ・パパは入会前にスクールに相談してみましょう。

パパや祖父母がレッスンに参加しても大丈夫?

パパや祖父母がレッスンに参加しても大丈夫?
パパやおじいちゃん、おばあちゃんがベビースイミングに参加するのは全く問題ありません。

パパやおじいちゃん、おばあちゃんがレッスンに参加すれば、日頃の運動不足を解消できるだけでなく、レッスンの間、ママが時間を自由に使えるというメリットも得られます。

大勢のママのなかに一人だけ混じるのは不安という場合は、体験や見学の際に、クラスのパパや祖父母の参加割合を確認しておくと良いでしょう。

ちなみに、パパの参加は土日クラスが、祖父母の参加は平日午前クラスが多い傾向にあります。

ベビースイミングにはメリット多数!赤ちゃんへの効果とは?

ベビースイミングにはメリット多数!赤ちゃんへの効果とは?
ベビースイミングは赤ちゃんが楽しく水に親しむための習い事です。ですが「それならお家で水遊びするのと同じでは?」と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、ベビースイミングはただの水遊びではありません。親子で広いプールで行うからこそ、赤ちゃんの体と心、どちらにも良い効果をもたらしてくれるのです。

ベビースイミングには以下のようなメリットがあります。

水に対して恐怖心を持たなくなる

ベビースイミングのプログラムは、遊びを通じて赤ちゃんが水に慣れられるように作られています。そのため、はじめは水を怖がる赤ちゃんも、しだいに「水遊びは楽しいものだ」と認識していきます。

赤ちゃんが水への恐怖心を克服すると、お風呂やシャンプーを嫌がらなくなるので、ママ・パパもお世話がラクになりますよね。

また赤ちゃんが幼稚園や保育園に通うようになると、お友達と水遊びをする機会も増えるかと思いますが、そのようなときにも物怖じせず楽しく遊ぶことができますよ。

親子のスキンシップにより五感が育まれる

0歳から2歳の赤ちゃんは、ママやパパなど周りの人に見つめられる、話しかけられる、触れられるという経験を通じて五感を発達させます。

赤ちゃんとママ・パパがスキンシップを交えてコミュニケーションを行えるベビースイミングは、赤ちゃんの五感を育むのに非常に有効であると言えるでしょう。

脳の発達が促される

ベビースイミングは脳の発達にも良いと言われています。それは、バランス感覚を要する水中運動によって、脳の空間認知能力が鍛えられるためです。

空間認知能力というのは、物体の場所や向き、大きさなどを正確かつ多角的に把握する能力のことです。

空間認知能力が高いと、自分の体の動きを俯瞰的に捉えられるので、あらゆるスポーツにおいてメリットがあると言われています。

また図形や立体を脳内で素早くイメージできるため、理数系の学習にも有利になるとも言われています。

『プレジデントムック 塾 習い事選び大百科2017完全保存版』によると、東大生の幼少期の習い事ランキングの1位がスイミングで、174人中なんと100人以上(60%)もの東大生がスイミングを習っていたことが明らかになりました。

体が丈夫になる

水中で全身運動を行うことで、心肺機能が高まり、体全体の血流が促されます。すると血液中の白血球の活動も活発になります。

白血球には体内に侵入したウイルスや細菌をやっつける働きがあるので、白血球が活性化すると風邪を引きにくい丈夫な体が作られていきます。

ぐっすり寝るので生活リズムが整う

ぐっすり寝るので生活リズムが整う
「最近、夜泣きがひどい」「お昼寝の時間なのになかなか寝付いてくれない」そんな赤ちゃんの生活リズムの改善にもベビースイミングは有効です。

ベビースイミングでは、赤ちゃんの月齢や体力レベルに合わせてたっぷりと運動させてくれるので、しっかり体力を使った赤ちゃんは寝付きが良くなり、生活リズムもしだいに整っていきます。

また、眠りが深くなるので、夜泣きやお昼寝時のグズりの軽減も期待できます。

社会性が身につく

ベビースイミングでは赤ちゃんの社会性を養うこともできます。

先生のお話を聞いたり、同じクラスのお友達と一緒に遊ぶというのは、家族以外の他人、つまり社会と関わる行為です。

幼いうちから他人と関わる機会を設けることで、人見知りをしにくくなったり、同年代のお友達と積極的にコミュニケーションを取れるようになったり、といった社会性が身についていきます。

ベビースイミングのメリットはママ・パパにも

ベビースイミングのメリットはママ・パパにも
ベビースイミングは、赤ちゃんに対する効果が注目されがちです。しかし、ママ・パパにも嬉しい効果が期待できる、まさに一石二鳥の習い事であると言えます。

運動不足が解消されダイエットできる場合も

ベビースイミングはママ・パパの運動不足解消にも役立ちます。

運動の強度を数値化したメッツという単位があるのですが、水中歩行や水中体操などの運動指数は4.0メッツ。この数値は時速4.8kmでのウォーキングや、屋根の雪下ろし、または走ったり歩いたりしながら子どもと遊ぶといった運動と同じ値です(参照:『身体活動のメッツ(METs)表』国立健康・栄養研究所 健康増進プログラム 作成)。

また、水中での軽い運動は、脂肪燃焼効果があると言われる有酸素運動に分類されます。そのため、週に複数回ベビースイミングを行えば、ダイエットの効果も期待できるかもしれません。

ママ友・パパ友ができる

同じベビースイミングに通うママやパパは、あなたと同じ地域に住む人たちが多いので、地域の話題や育児の話題などを通じて、親しくなれる可能性があります。

情報交換ができるママ友やパパ友は、育児をするうえで心強い仲間になってくれますから、ベビースイミングに通う際は、クラスのママやパパたちとコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか。

ベビースイミングに危険性あり?!注意点とデメリットは?

ベビースイミングに危険性あり?!注意点とデメリットは?
メリットがたくさんあるベビースイミングですが、気をつけるべきデメリットも存在します。

いざスクールに入会してから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、事前に注意点を把握しておきましょう。

感染症のリスクが高まる

ベビースイミングは赤ちゃんの体を丈夫にしてくれます。しかし、さまざまな人と接触するため、感染症にかかるリスクが高くなることは否めません。

例えば結膜炎や咽頭結膜炎(プール熱)、溶連菌、副鼻腔炎などは、プールでかかりやすい感染症です。

ですが、少し注意するだけでも感染症のリスクを下げることが可能です。

例えば、ベビースイミングクラスの後には赤ちゃんの体をしっかり温める、髪の毛を十分に乾かす、体調の優れない日はお休みする、といった対策を行いましょう。

水中毒にならないよう注意が必要

ベビースイミングでは水中毒にならないように注意しましょう。

水中毒とは、水の過剰摂取によって血中のナトリウム濃度のバランスが崩れることにより引き起こされる中毒症です。吐き気、頭痛、発熱などの症状が現れ、ひどい場合には意識障害を引き起こすこともあります。

過去には、国内外問わず、ベビースイミングで赤ちゃんが潜水した際に、大量の水を飲んで水中毒になるという事例がありました。しかし現在では、どのスクールにおいても水中毒のリスク管理を徹底しているので、レッスンが原因で水中毒になるという可能性は少ないでしょう。

とは言え、大人が目を離した隙に赤ちゃんがプールに口を付けて水を飲んだり、おもちゃを咥えて一緒に水を飲み込んでしまったり、という可能性はありえます。レッスン中は赤ちゃんの行動に常に気を配りましょう。

着替えがめんどう

ベビースイミングでの着替えをめんどうだと感じるママ・パパは少なくありません。

特にレッスン後は、短時間に赤ちゃんを着替えさせ、そして自分も赤ちゃんを見守りながら急いで着替えなければならないので、「まるで戦闘のようだ」と例えるママもいるほど。

ですが、レッスンを重ねるごとに赤ちゃんも着替えに慣れていきますし、成長とともに手がかからなくなるので、着替えの手間はしだいに解消されていく場合がほとんどです。

もし着替えをスムーズに行いたいのであれば、ママはスカートに着替える、同じクラスのママ友と協力して交代で子どもたちの面倒を見ながら着替えを行う、ママとパパでレッスン参加と着替えの役割を分担する、などの工夫をしてみましょう。

ベビースイミングが「効果ない」と言われるのはなぜ?

ベビースイミングが「効果ない」と言われるのはなぜ?
メリットがたくさんあるベビースイミングですが、中には効果がないと感じるママ・パパもいます。

その理由は主に2つあります。

赤ちゃんがいつまでも水に慣れない

まず1つ目の理由は、通い続けているのに、赤ちゃんが一向に水に慣れないということ。

その背景には、

  • スクールの環境(音楽やレッスン内容)に馴染めない
  • 苦手な先生やお友達がいる
  • 人一倍水への恐怖心が強い

こういった理由があると考えられます。

赤ちゃんが環境や人に対する苦手意識によって、水への抵抗を感じているのであれば、クラスやスクールを変えることで問題が解決するかもしれません。

ただ単に水を怖がり続ける場合は、改善が容易ではないでしょう。だからと言って、赤ちゃんを水に慣らそうとママ・パパが奮起すればするほど、赤ちゃんにいっそう恐怖心を植え付けてしまい逆効果になることもあります。

このような場合は、赤ちゃんの成長を待ってみるのも手です。

成長とともに赤ちゃんの好奇心も増していくので、自宅での水遊びなどを通じて水への苦手意識が薄れていく可能性があります。そのタイミングに合わせて、再びベビースイミングにチャレンジしてみましょう。

きれいな泳ぎ方を習得できない

2つ目の理由はきれいな泳ぎ方を習得できなかったというものです。

一般的にベビースイミングでは、潜水やバタ足などを教えても、四泳法のような本格的な泳ぎは教えません。

そのため、ある程度泳力を身につけた赤ちゃんの場合、ベビースクールのプログラムに物足りなさを感じるかもしれませんが、だからと言ってスクールの教え方が悪いというわけではありません。

赤ちゃんにきれいな泳法を習得させたいのであれば、2歳半~3歳頃から受講可能なジュニア(幼児)クラスに移行することをおすすめします。

ベビースイミングをやってよかった?先輩ママの口コミをチェック

ベビースイミングをやってよかった?先輩ママの口コミをチェック
ベビースイミングのメリットとデメリットを紹介してきましたが、やはり一番気になるのは、実際に子どもをベビースイミングに通わせた経験のある”先輩ママのリアルな声”ではないでしょうか。

ここでは「ベビースイミングをやってよかった」という先輩ママの声を紹介します。


同じレッスンを受けている他の子から刺激を受けることは、赤ちゃんの成長にとって非常に有益です。水嫌いを克服できれば、家庭でのバスタイムのお世話がかなりラクになりますね。


赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるだけで、育児の負担がずいぶん軽減されますよね。ベビースイミングなら決まった曜日・時間に運動させられるので生活にメリハリを付けられます。


子どもが頑張る姿を目の前で見られるというのもベビースイミングの良いところ。そしてママ・パパのリフレッシュにもなるという点も大きなメリットですよね。

まずは体験レッスンに参加しよう

まずは体験レッスンに参加しよう
ここまでベビースイミングのメリットとデメリットを紹介してきましたが、百聞は一見にしかず。やはり自分で体験して雰囲気を知るのが一番です。

最近では大手スイミングスクールのほとんどがベビースイミングクラスを開講していますから、何件か体験レッスンに参加して、相性がいいスクールを探してみましょう。

ベビースイミングの体験レッスンができる主なスクールと特徴

以下は主要なスイミングスクールとベビースイミングクラスの特徴です。スクール選びの参考にしてみてください。

セントラルスポーツ

セントラルスポーツのベビースイミングでは、すべり台やトンネルなどを使ってアクティブに水と親しみます。3歳を過ぎたらスイミングと、体操やダンスとを組み合わせたお得なコースに切り替えも可能です。会員数の多いスポーツクラブだからか、パパの参加が多めという声も。

TAC(東京アスレティッククラブ)

東京を中心に関東に展開するTAC(東京アスレティッククラブ)のベビースイミングは、生後6ヶ月からの親子のスキンシップを育む「親子水泳」や、水中はしご・ジャンプフロートなどの特殊器具を使った「あくあファントリム」など、多様なコースが設けられています。

コナミスポーツクラブ

一般的にベビースイミングの対象年齢は、生後6ヶ月からのスクールが多いのですが、コナミスポーツクラブは生後4ヶ月から参加できます。またスクールによっては通い放題プランが設けられているので、早い時期から水慣れさせたいというご家庭におすすめです。

ジェクサー・フィットネスクラブ

東京、神奈川を中心に展開するジェクサー・フィットネスクラブのベビースイミングは、スクールによっては対象年齢が3歳11ヶ月までと長いのが特徴。1、2歳からの遅めのスタートでも長期間通うことができます。

スポーツクラブ ルネサンス

ルネサンスのベビースイミングクラスでは、赤ちゃんの”できた”を記録できる特性ノートが配布されたり、かわいい出席シールが貰えたりと、親子で楽しめる工夫が施されています。受講費も比較的リーズナブルです(料金は各スクールにより異なる)。

ベビースイミングは赤ちゃんの体と心が育つおすすめの習い事

ベビースイミングは赤ちゃんの体と心が育つおすすめの習い事
ベビースイミングは赤ちゃんの健やかな体と心を育てるのに有効な習い事です。

世の中にはさまざまな習い事がありますが、ベビースイミングのように親子一緒に楽しめる習い事は限られています。

0歳~2歳という目覚ましい発育期に、赤ちゃんの成長を目で見て肌で感じられるというのは幸せなことではないでしょうか。親子の絆を深めるという意味でも、初めての習い事にベビースイミングをおすすめします。