幼児食はいつから?離乳食から切り替える目安と3つの注意点

幼児食はいつから?離乳食から切り替える目安と3つの注意点

公開日:

更新日:

離乳食が安定して食べられるようになると、幼児食への切り替えのタイミングを考える必要があります。しかし「幼児食はいつから?」と疑問に感じる方は多いでしょう。

そこで本記事では、幼児食を始める目安の時期と幼児食の注意点について解説します。離乳食・幼児食コーディネーターおすすめの、幼児食おやつも紹介するのでぜひ最後までご覧ください。

幼児食とは

幼児食とは
幼児食とは、離乳食を卒業した赤ちゃんが、大人のメニューに近づけていく時期の食事のことです。幼児食は、食事に変化が出るだけでなく、心の成長に繋がる大事な時期でもあります。

これまでの授乳やミルク・離乳食までは「親が与えるもの」でしたが、幼児食では、自分で食べたいものを選択し「自ら食事をするための準備期間」という意味合いも含まれています。また離乳食と幼児食の大きな違いは、調理方法はもちろん、食事を通してできることが増えていく場でもあることです。

例えば、幼児食では以下のスキルが身につきます。

  • 食べる意欲やスキル
  • 1日3回の食事(生活習慣)
  • マナー(いただきますetc..)

離乳食では、食事に慣れることが目的でしたが、幼児食では大人のように食事のマナーや生活習慣を徐々に身につけていきます。

幼児食はいつからいつまで?1歳~6歳未満が目安

幼児食はいつからいつまで?1歳~6歳未満が目安
幼児食は結局のところ「いつからいつまでなのか」気になる方は多いでしょう。幼児食の目安となる時期は、1歳〜6歳未満です。

幼児食といっても、1歳と6歳では噛む力や味覚、消化機能が異なります。そのため、成長に合わせて食事の内容を変えていく必要があります。

離乳食では、初期・中期・後期・完了期と、それぞれの時期で赤ちゃんの月齢に合わせた進め方があります。幼児食も離乳食のように、食事の進め方を切り替える時期があるので以下を目安にしてみてください。

  • 1歳~1歳6ヶ月:幼児食移行期(手づかみ食べができる)
  • 1歳~3際:幼児食前期(スプーンやフォークで食べられる、好き嫌いがでる)
  • 3歳~6歳:幼児食後期(箸が使える、マナーを覚える)

上記のように、幼児食は時期によって身につくスキルや経験が異なります。子どもの成長は個人差がありますが、スムーズに移行できるように年齢に応じた進め方を把握しておきましょう!

幼児食を始める目安

幼児食を始める目安
前章でもお伝えしましたが、幼児食を始める時期は1歳〜1歳6ヶ月頃を目安とします。しかし「どのタイミングで切り替えればいいの?」と疑問に感じる方は多いでしょう。

そこで本章では、幼児食を始める目安となるポイントを紹介します。

  • 1日3回の離乳食が安定している
  • 奥歯が生えて食べ物を噛みきれる
  • ミルクや母乳を卒業している

「幼児食はいつから?」と疑問に感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

1日3回の離乳食が安定している

離乳食は「ゴックン期・モグモグ期・カミカミ期、パクパク期」の4段階に分けて、食材の固さや大きさ、食事の回数などを変えていきます。離乳食完了期のパクパク期には、1日に3回の食事が定着している時期です。

離乳食完了期になっても、1回で食べられる食事の量はまだ少ないので、捕食(おやつ)をあげながら栄養を補います。1歳〜1歳6ヶ月で、朝・昼・夜の食事と捕食のリズムが既に安定している場合は、幼児食を始めるタイミングです!

「幼児食はいつから始めればいいの?」とお悩みの方は、離乳食完了期の特徴を把握しておくとスムーズに移行しやすいですよ。お子様のペースを大事にして、徐々に幼児食に切り替えましょう!

奥歯が生えて食べ物を嚙みきれる

1歳〜1歳6ヶ月の子どもは、奥歯が生えて食べ物をしっかり噛みきれるようになります。乳歯が10本生え、歯を使って咀嚼が上手にできていれば幼児食に切り替えてみましょう!

乳歯の生えそろう順番を以下に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 6ヶ月~9ヶ月:上の前歯2本
  • 9ヶ月~10ヶ月:下の前歯2本(前歯計4本)
  • 1歳頃:上下+2本ずつ(前歯計8本)
  • 1歳2ヶ月~1歳6ヶ月:奥歯2~4本

乳歯の生えそろう順番やスピードには個人差があるので、上記の通りにいかないこともあります。幼児食に切り替える際は「使う歯に偏りがないか」「全部の歯で噛めるようになっているか」など、咀嚼への配慮が必要です。

ミルクや母乳を卒業している

幼児食をスタートする時期は、母乳やミルクを卒業する時期でもあります。1歳〜1歳6ヶ月になり、離乳が完了して食事から栄養が摂れるようになっていれば幼児食への移行時期です!

そもそも離乳食は、母乳やミルクから固形の食品へと移行する練習期間です。とはいえ、離乳食完了期や幼児食に移行しても母乳がやめられない子もいます。

幼児食に切り替えるために、無理に母乳をやめる必要はないので安心してください。離乳の完了時期は個人差があるので、その子のペースに合わせてあげたいですね。

幼児食で気を付ける3つのポイント

幼児食で気を付ける3つのポイント
幼児食ではどんなことに気を付けていけば良いのでしょうか。今回は、幼児食で特に気を付けたい以下のポイントについて紹介します。

  • 分量
  • 固さ
  • 環境

幼児食に関するお悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.分量|大人の食事の1/3程度

幼児食は1歳6ヶ月前後〜6歳未満までの時期の食事です。1歳と6歳では食事量が異なるので、以下のエネルギー量の目安を参考にしてみて下さい。

<1~2歳に必要な食事量>

男の子950kcal
女の子900kcal
(上記は20~40歳代女性の約半分)

<3~5歳に必要な食事量>

男の子1300kcal
女の子1250kcal
(上記は20~40歳代男性の約半分)

食事量の目安については、厚生労働省による「日本人の食事摂取基準(2020年版)」に掲載されています。カロリーで毎食計算するのは大変かと思いますので、大人が食べる量の半分程度と覚えておくと分かりやすいでしょう。

幼児食をつくる際は、主食、主菜、副菜のバランスをとりながら、しっかりと食事量を把握しておきたいですね。

2.固さ|イカやちくわなど弾力のある食材に注意

弾力のある食材は、子どものあごの力を付けさせるのにおすすめの食材です。しかし、歯が生えそろっていない時期に与えてしまうと、噛みきれずそのまま丸飲みしてしまう恐れがあります。

幼児食で気を付けたい弾力のある食材を、見ていきましょう。

  • イカ
  • タコ
  • ちくわ
  • こんにゃく
  • あさり

このような食材を与えるときは、細かく刻んだり長時間煮込むなどの工夫が必要です。イカに関しては、重大なアレルギーの原因食品の27品目に含まれているので、慎重に与えるようにしてください。

3.環境|楽しい食事の雰囲気作り

幼児食になると、食事によってはママとパパのお皿から取り分けができるようになります。家族と同じものが食べられることに、子どもは喜びを感じ、食事に興味を持つようになるかもしれません。

また2歳頃までは「自分で食べたい!」という気持ちがあっても、まだ上手に食べることができません。食事がイヤにならないように、タイミングを見計らいながら「ママも手伝うね」などと声掛けをしてサポートしていきましょう。

子どもとの食事は、楽しい雰囲気作りが大切です。時間がとれるときは、なるべく家族そろって食卓を囲み、コミュニケーションを深めていきたいですね。

幼児食におすすめのおやつを離乳食・幼児食コーディネーターが紹介

幼児食におすすめのおやつを離乳食・幼児食コーディネーターが紹介
幼児期は運動量が増えてくるので、食事だけでなく捕食のおやつで栄養を補います。おやつといっても、クッキーやチョコなどのお菓子ではなく、エネルギーに変換される炭水化物や果物などがおすすめです。
具体的には、次のおやつが幼児食に向いています。

  • おにぎり
  • サツマイモ
  • 蒸しパン
  • 果物
  • 牛乳
  • チーズ

おやつは「何をあげていいか分からない」「甘いお菓子をあげることが多い」という方は、ぜひこの内容を参考にしてみてください。
私の場合ですが、おやつは小さいおにぎりとリンゴなどの果物をあげることが多いです。腹持ちの良いおやつを選ぶと、子どもも満足してくれますよ。

幼児食はいつから?の疑問に関連するQ&A

幼児食はいつから?の疑問に関連するQ&A

Q.大人と同じご飯はいつごろから食べられるの?

A.大人と同じような食事は、3歳頃から食べられます

しかし、ある程度大人と同じ食事が出来るようになっても、食材の固さと大きさに注意が必要です。

Q.幼児食の味付けはどのくらい?

A.味付けは、大人の食事の半分くらいが目安。

脂肪分や塩分を控えめにしてあげましょう!

【まとめ】幼児食を子どもと一緒に楽しもう!


離乳食から幼児食に切り替えるタイミングは、1歳〜1歳6ヶ月頃です。離乳食から幼児食に切り替える場合は、以下のポイントを目安にしてみてください。

  • 1日3回の離乳食が安定している
  • 奥歯が生えて食べ物を噛みきれる
  • ミルクや母乳を卒業している

切り替えるタイミングは個人差がありますので、お子様の様子を見ながら始めてみましょう!幼児食を与えるときは「分量」「固さ」「環境」を意識して、楽しい雰囲気作りをしながら食事をしたいですね。