知ってる?7月の第4日曜日は「親子の日」

5月の第2日曜日は「母の日」、6月の第3日曜日は「父の日」ですが、7月の第4日曜日には「親子の日」があることを知っていますか?

「年に1度、親と子がともに向かい合う日があったっていい。その日を通じて、すべての親子の絆が強められたらすばらしい。」として、「親子の日」が作られました。

2021年は7月25日が「親子の日」です。

そこでmemoricoでは、独自アンケートを実施しました。

この記事では「親子の日とは何なのか」から「親子の日にしたいこと」まで、詳しくご紹介します。

親子の日とは?

「親子の日」とは2003年に制定された比較的新しい記念日です。

7月の第4日曜日に定められています。

「親子という関係は、日頃何気なく一緒に過ごしている関係だからこそ、年に一度その素敵な関係を見つめ合う日があってもいい。」という願いを込めて、作られました。

親子を題材に作品を撮る写真家ブルース・オズボーン氏が作ったということもあり、親子の日には毎年、写真コンテストやエッセイコンテストが開催されています。

「親子の日」を知っているのは、100人中たった3人

memorico独自のアンケートによると、「親子の日」を知っているのは100人中たった3人という結果に。2003年に制定された比較的新しい記念日なので、日本での知名度はまだ高くないようです。

「親子の日」に何かしたいと回答した方は100人中82人

一方で、「親子の日を知って、何かしたいことはありますか?」という質問に対しては、「したい」と回答した人が8割と関心が高い人が多い結果となりました。

親子の日にやってみたいことは?

続いて、「親子の日にしたいことは何ですか?」というアンケートの結果がこちらです。

親子でお出かけをしたい

100人中28人と、最も多かった回答は「家族でお出かけ」。アンケートには、ちょっと特別な場所に出かけたいという声が多くありました。

「こどもが公園が大好きなので、ちょっと遠くの大きな公園にピクニックも兼ねて遊びに行きたいです。」

「息子と私の両親と一緒に、県内のあまり行かない場所にお出掛けして、夏ならではの遊びができたらと思います。」

「実家に親子で帰省して、フルーツ狩りやお花見を楽しみたいです。」

家族でゆっくり過ごしたい

次に多かったのが、「家族でゆっくり過ごしたい」という回答。

「子供とゆっくり向き合いたい」

「実家に帰りゆっくりと昔話をしながら過ごしたい」

「両親とはゆっくり食事をしながら話をしたいです」

などの声が多くありました。

普段は両親や子どもと向き合う時間がとれない方も、「親子の日」が良い機会になるようです。

家族でご飯を食べたい

家族でちょっとご馳走を食べたり、普段食事を共にする機会が少ない分、親子の日には家族で一緒にご飯を食べたいという人も多くいました。

「普段食べられないおいしいものを一緒に食べにいきたいです。」

「普段食事の時間がバラバラなので、お寿司やピザなどのデリバリーをとり、家族で食卓を楽しく囲みたいです。」

「平日はぱぱの帰りが遅く、一緒にご飯を食べられないので、その日は家族みんなで食事を囲みたいです!」

中には、以下のような回答もありました。大人になった今だからこそ、楽しめる親子の時間もありますね。

「母と良いお酒を呑もうと思います!」

また、以下のようなユニークな回答も。

「親と親子丼を食べたい」

いずれも家族愛を感じる回答がたくさんありました。

家族写真を撮りたい

コロナ渦でお出かけの予定が減った今、写真を撮る機会も少なくなっているのではないでしょうか。

また、子どもの写真を撮ることはあっても、家族で写真を撮る機会は少ないものです。以下のような回答も多くありました。

「記念として毎年家族写真を撮りたいと思いました。」

「毎年、子どもの誕生日と年末に家族写真を撮っているのですが、去年今年とコロナ禍でできていないので、久しぶりに家族写真を撮りたいと思いました。」

毎年の恒例行事として、家族揃って写真を撮る日にするのもいいですね。

親と子どもに感謝の気持ちを伝えたい

「親子の日」を知らなかったという方は、まずは感謝の気持ちを伝えてみるのもいいですね。

「お互いに感謝の気持ちを伝え合いたいなと思いました。」

「きっといつも通り過ごすのだと思いますが、いつも通り親子仲良く過ごせる事に感謝して過ごしたいと思います。」

という回答もありました。

贈り物をしたい

両親や子どもと離れて暮らしている人は、贈り物とあわせて感謝の気持ちを伝えたいという人もいました。

「今は遠く離れていて実際に会うことは難しいので、贈り物をできたら良いなと思いました。」

「直接会えない期間が長くなってしまったので、ビデオ電話で感謝を伝えて、後日プレゼントを贈ろうと思います。」

子どもとめいっぱい遊ぶ日にしたい

「子どもとゆっくり向き合いたい」という回答も多く、普段なかなか子どもと向き合える時間をとれない人も多いことが分かりました。

普段は忙しくて子どもと遊ぶ時間が限られてしまうママ・パパも、「親子の日」というちょっと特別な日を活かしたいと考えるようです。

「丸一日子どもと一緒に遊びたいです。」

「今は子どもが小さいので、たくさん遊んであげる時間にしたいと思います。成長すればなかなか会話が減ると想像できるのでじっくり話し合う機会として考えいます。」

「子どもと時間をかけてしっかり向き合って遊ぶ。普段は家事しながら‥というのが多いので、最低限の家事だけ済ませて、子どもがやりたいことで、思いっきり遊びたいなと思います。」

他にも、「子どもをいっぱい抱きしめてあげたい」というほっこりする回答も。

きっとお子さんにとっても、記憶に残る記念日になりますね。

年に一度の親子の日!子どもや両親と向き合おう

母の日や父の日とはひと味違う、ちょっと新しい記念日。

そんな親子の日についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

まずは、親子でゆっくり過ごしたり、日々の感謝を伝えたりする日にしてみるといいかも。

今年2021年は、親子の日が7月25日にあたり4連休の最終日です。

親子のかたち・あり方は家庭によってそれぞれですが、素敵な1日になるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました