赤ちゃんの100日祝いはお食い初めだけじゃない!オシャレで可愛いフォトアイディア6選

赤ちゃんが生まれてから100日目はパパやママにとって特別な日。慣れない育児でバタバタの100日だったと感じる人も多いのではないでしょうか?生後100日目には、伝統行事であるお食い初めをおこないます。

しかし、記念すべき100日目のお祝い方法はお食い初めだけではありません。最近では、赤ちゃんに素敵な衣装を準備して記念撮影するオシャレな家族が増加しているんです!

そこで今回は、赤ちゃんの100日目を記念に残す、オシャレで可愛いフォトアイディアをご紹介します。

赤ちゃんの100日目のお祝いとは?

赤ちゃんが生まれてから100日「あっという間だった」「慣れない子育てで大変だった」と感じている人も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんが生まれて100日目には、これからの健康や成長を願うさまざまな行事があります。可愛いフォトアイディアの前に、生後100日におこなう伝統行事を簡単にご紹介します。

お食い初め

お食い初めは生後100日頃におこなわれる伝統行事で「一生食べるものに困りませんように」と、お祝い膳を食べさせる真似をします。

初めて魚を食べることから「真魚初め」、初めてお箸を使うことから「箸初め」と呼ばれることもあります。

袴風のロンパースやベビードレスを着せて、赤ちゃんの素敵な写真を撮影しようと考えている人も多いのではないでしょうか?

お食い初めの詳しい内容や準備方法については、以下の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

歯固めの儀式

お食い初めと共におこなわれることが多いのが、歯固めの儀式です。お食い初めの席で「赤ちゃんに石のように丈夫な歯が生えますように」と願いを込めておこなわれます。

歯固め石は、初宮参りなどで神社からお借りしたり、河原で拾ったものを綺麗にして使用すると良いでしょう。

儀式の作法は簡単で、お箸の先をを軽く石に当て、そのお箸で赤ちゃんの歯茎に優しく触れます。くれぐれも誤飲には注意してくださいね。

お宮参り

お宮参りは通常、生後1ヶ月頃におこなうのが一般的です。しかし、地域によっては時期が異なることも少なくありません。なかには真冬に生まれてお参りに行くのが困難であったり、遠方の祖父母と共にお参りするために時期をずらすケースも多いようです。

「親族を何度も招くのは申し訳ない」「産後で大変なので行事をまとめたい」と考える場合は、お宮参りに行き、そのままお食い初めや歯固めの儀式をおこなっても良いでしょう。

お宮参りの基本は、以下の記事にて詳しく紹介しています。合わせて参考にしてみてくださいね。

生後100日を迎えた赤ちゃんをオシャレにお祝いする方法

生後100日という記念の日に、伝統行事だけでなく「オシャレなお祝いをしたい」と考えるパパやママが増えています!そこでここからは、大切な赤ちゃんをオシャレにお祝いする方法をご紹介します。

赤ちゃんの100日目の数え方

まず、気になるのが赤ちゃんの「生まれてから100日目」の数え方です。出産後は生まれた日を「生後0日目」として過ごしていた人が多いはずです。しかし、生後100日目の正しい計算方法は「生まれた日を1日目」として数えるのが基本です。

分かりにくく混乱してしまうと思いますが、誕生日当日を1日目として計算しましょう。もちろん、パパやママの都合や赤ちゃんの体調面など、考慮すべきことはたくさんありますので、厳密に100日目でなくてもいいので安心してください。

オシャレなお祝い方法のテーマや衣装を決める

赤ちゃんをお祝いする日が決まったら、お祝いのテーマや衣装を考えます。「まだ外でゆっくりお祝いはできない」「家族で気兼ねなくお祝いしたい」という場合は、お家でできることを考えましょう。おすすめのお祝い方法は以下のとおりです。

家族で記念写真を撮影する

最も簡単なお祝い方法は、家族での記念写真です。生まれてから100日の間に、パパママと赤ちゃんの家族写真を撮影したことはありますか?出産時に家族で写真を撮ったきり、撮影していないという家族も少なくないのではないでしょうか。

赤ちゃんだけの写真を何枚も撮影したり、パパと赤ちゃんの2ショットを撮影したりする機会ばかりで、ママの写真が1枚もないという家庭も多いかもしれません。しかし、アルバムを振り返って家族写真が少ないと気付いても、生後100日目の赤ちゃんにはもう戻れないのです。

せっかくの機会なので、赤ちゃんのオシャレな写真だけではなく家族写真をの撮影をおすすめします。この機会にスタジオに撮影に行っても、普段過ごしているリビングやお家の前で撮影しても良いでしょう。

寝相アートで可愛い写真を残す

100日目の記念にピッタリなのが、寝相アートです。生後3~4ヶ月の赤ちゃんは、まだ睡眠時間も多く寝ている姿が可愛い時期ですよね。そんな寝顔をオシャレなアートにして残せば、特別な記念になりますよ。

赤ちゃんを「1」に見立てて「100」の文字を作ったり、パパやママが大切にしているオシャレグッズで囲んであげても良いでしょう。起きている間だと、あっという間にグチャグチャにされてしまいますからね。

ケーキやアイシングクッキーで特別感を演出する

ドレスアップした赤ちゃんに映えるのが、手作りケーキやアイシングクッキーです。赤ちゃんの名前や「100」の文字を可愛くデザインして、特別感を演出してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんに兄弟がいる場合は、一緒に作るのも素敵な思い出になるはずです。作ったケーキやクッキーをお食い初めのお祝い膳に加えるのも良いですね。

自宅を飾り付けてフォトスタジオを作る

「お宮参りのときにスタジオで写真撮影した」「初節句のときに家族写真を撮影した」という人も多いでしょう。そしてこれからも、1歳の記念や年賀状の写真撮影など、赤ちゃんがスタジオを利用する機会はたくさんあります。

しかし、何度もスタジオで写真撮影をすると費用がかさみます。あまりの可愛さに注文数が多くなってしまい、予算がオーバーしてしまうことも。

反対に、慣れない場所で緊張してしまい「いつもの可愛い笑顔が撮影してもらえなかった」というケースも珍しくありません。

そんなお悩みを抱えている人には、自宅を飾り付けてフォトスタジオを作るのがおすすめです。最近は、手軽に活用できるオシャレな飾り付けがたくさん販売されています。

スタジオに行くより費用を抑えられるだけでなく、自宅での撮影なので赤ちゃんの自然な笑顔を引き出せるはずですよ。

祝100日!赤ちゃんのオシャレで可愛いフォトアイディア6選

前述したオシャレなお祝いテーマのなかで、自宅で簡単にできるのが写真撮影です。100日のお祝いとして、オシャレで可愛い写真を撮影すれば一生の記念になるのではないでしょうか?

ここからは、思わず真似したくなる可愛いフォトアイディアをご紹介します。オシャレな写真を撮影したいパパやママ必見です。

ママとパパの宝物「指輪」

パパとママの大切な指輪を使って「100」の文字を作るオシャレなフォトアイディアです。婚約指輪と結婚指輪を合わせて3つ使えば、ロマンティックな写真を演出できます。

寝ている赤ちゃんのお腹に乗せたり、手にひらに乗せて撮影するのも良いですね。しかし、指輪はとても小さいので誤飲には注意してください。

お食い初めにも!和風な「着物」

オシャレな写真撮影には、衣装にこだわるのも大切です。お食い初めと同じ日に写真を撮るなら、和風な着物を着せてみてはいかがでしょうか?とはいえ、生後数ヶ月の赤ちゃんに着物の着付けは安易ではありません。

そんな人向けに、袴風のロンパースが販売されています。写真映えもしますし、写真撮影のときだけでなくお正月などにも着せられますよ。

簡単フォーマル!人気の「正装スタイ」

100日の記念に、素敵なスーツを着せたいと考えるオシャレなパパやママには、正装に見えるスタイがおすすめです。これがあれば、白い服に黒っぽいズボンを履かせるだけで簡単にフォーマルスな雰囲気を演出できます

汚れても洗濯できるものだと安心ですよね。ひとつ持っておけば、結婚式のお呼ばれなどにも対応できます。

テーマカラーを決めて「バルーンフォト」

バルーンは、簡単に写真をオシャレに彩ることができます。ポイントは、テーマカラーを決めておくこと。ただ風船を膨らませて配置するだけでは、オシャレ度が上がりません。

パステルカラーのバルーンや、ベージュ系のバルーンなど、配色を揃えることでオシャレに仕上がります。

主役感満載!「ドレス&ヘアバンド」

生後100日目にはお食い初めをおこなうので、そのまま着物風の衣装で写真を撮影する人が多いでしょう。しかし、あえて洋装にすることで今風のオシャレな写真に仕上がります。ドレスにはヘアバンドを加えて、天使のような雰囲気を演出しましょう。

なかには、ママが結婚式で使用したドレスをリメイクして赤ちゃん用ドレスを仕立てる人も珍しくありません。今しかない可愛さを最大限に引き出すためにも、とびきりオシャレにドレスアップしましょう。

オシャレ度アップの小技「小物にこだわる」

オシャレ度をアップさせるためめのフォトアイディアは、小物にこだわることです。生活感溢れる背景が写り込み、オシャレ度が下がってしまうことに悩んでいる人は小物にこだわると統一感のあるオシャレな写真撮影が可能になります。

赤ちゃんの記念すべき100日を素敵な思い出に残そう!

赤ちゃんが生まれて100日目には、お食い初めや歯固めの儀式をおこないます。これからの健やかな成長を願い、盛大にお祝いしてあげたいですよね。

しかし、100日をお祝いする方法はそれだけではありません。最近は、伝統行事と合わせて今風のオシャレな写真撮影をおこなう家族が増えているんです。紹介したアイディアを元に、オシャレなフォトアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんの成長はとても早く、気が付いたらあっという間に歩き出し、言葉を話し始めることでしょう。せっかくの100日記念なので、素敵な思い出を残してくださいね。

ライター情報
memorico 編集部
山本あやか

【資格:保育士免許・幼稚園教諭一種免許 児童館、幼稚園、保育園の勤務経験あり】
未就学児2人の母でwebライターとして活動中!保育士資格・幼稚園教諭一種免許を取得し、10年間保育士として勤務した経験があります。子ども達がワクワクする遊びの提供が得意です。とはいえ保育士でも毎日子育ての悩みは尽きません…。ママ達のお悩みに寄り添える保育士ライターを目指しています!

イベント
子育てメディア memorico
タイトルとURLをコピーしました