お宮参りの初穂料とは?金額や書き方・渡し方のマナーを丸ごと解説!

お宮参りでご祈祷を行う際には、”初穂料”という謝礼を神社に支払うのが一般的です。

初穂料とは、神様にお供えするためのお金であり、のし袋の書き方から神社での渡し方までマナーが存在します。

ここでは初穂料の意味やマナーを紹介するとともに、「相場はいくら?」「誰が用意するべき?」といったお宮参りにおける初穂料の疑問についても解説していきます。

この記事ではお宮参りはもちろん、七五三や子どもの合格祈願の初穂料にも対応していますので、この機会に初穂料のマナーをしっかり押さえておきましょう。

初穂料(はつほりょう)の意味やお供えする理由とは?

初穂料(はつほりょう)とは、神様にお供えするお金のことです。初穂とは、その年の最初に収穫されたお米のことを言います。

古くから日本人は、実りの秋が来るとその年の収穫を感謝して、”初穂”や”初物”と呼ばれる農作物や漁獲物を神様にお供えする風習がありました。

しかし、時代とともにさまざまな産業が登場すると、生産者のように収穫したてのフレッシュな初穂や初物を用意できない人たちが増えていきました。

そこで誕生したのが初穂料。

生産者以外の人たちは、お金を初穂に見立てて神様にお供えするようになったのです。

そんな初穂料は、今日では収穫への感謝だけでなく、成長祈願や安全祈願など、あらゆるご祈祷の場面でお供えされています。

初穂料・玉串料・御祈祷料の違いとは?

神社へ収めるお金の代表的なものには「初穂料」「玉串料(たまぐしりょう)」「御祈祷料(ごきとうりょう)」があります。

それぞれにどのような違いがあるのでしょうか?

玉串料と初穂料はよく似ています。初穂料が初穂の代わりなのに対し、玉串料は玉串の代わりに納められるお金です。

玉串というのは、榊(さかき)の枝に紙垂(しで)を装飾したもので、玉串もまた神様へのお供え物です。

初穂料と玉串料の役割には大きな違いはなく、お宮参りの際も、初穂料、玉串料どちらの形式でお供えしても構いません。ただし玉串は神式の葬儀にもお供えされることから、慶事のお宮参りには初穂料を選ぶのが一般的です。

御祈祷料はその名の通り、ご祈祷という行為に対する謝礼金です。初穂料や玉串料に「神様への謝礼」という意味合いがあるのに対し、御祈祷料は「神社(お寺)への謝礼」という意味を持っており、ここが他の2つとの大きな違いとなります。

御祈祷料はお寺でのお宮参り(初参り)で支払うのが一般的です。またお寺では「御布施(おふせ)」という名目で謝礼金を支払う場合もがあります。

初穂料や玉串料は神社のみでお供えするものなので、間違えてお寺に納めないよう注意してください。

お宮参りの初穂料の相場はいくら?

お宮参りの初穂料の金額は、神社によって異なります。金額指定のある神社の場合は、神社のルールに従って初穂料を納めましょう。

しかし、初穂料の指定がない神社も多いかと思います。

一般的にお宮参りの相場は、赤ちゃんひとりあたり5,000円~1万円程度と考えておきましょう。ご祈祷に加えてお守りや縁起物をいただく場合は、1万円以上を納める人もいます。

ただし、不吉とされている4(死)と9(苦)が付く金額は避けるのがマナーです。

お宮参りの初穂料は誰が払う?

お宮参りの初穂料は、父母でも、祖父母でも、どなたが用意しても構いません。

しかし、お宮参りには衣装代、写真撮影費用、お食事代など、他にもいろいろなコストが掛かりますから、初穂料を含めて誰がどの費用を負担するのかということを事前に決めておくと、準備がスムーズに進むのでおすすめです。

お宮参りに必要な準備についてはこちら

【初穂料のマナー:準備編】のし袋の選び方・書き方・包み方

初穂料として現金を裸で渡すのはマナー違反です。初穂料はのし袋(または白封筒)に入れて、マナーに沿った方法で渡します。

それでは、のし袋を選ぶところからふくさに包むまでの準備について確認してきましょう。

お宮参り当日は身支度で慌ただしくなりがちですから、初穂料の準備は前日までに終えておくと良いですよ。

のし袋(祝い袋)の選び方

のし袋は、中身の金額に見合うデザインのものを選びましょう。5,000円から1万円くらいの金額を入れるのし袋は、白地に水引とのしがついたシンプルなものを選ぶのが無難です。

例えば鶴や亀の装飾が付いた水引や、花柄が印刷されているようなのし袋は華やかで素敵ですが、これらは2、3万円以上のご祝儀に使うことのが一般的なので、初穂料にはふさわしくありません。

のし袋の商品パッケージには、入れる金額の目安が記載されている場合もあるので、商品選びの参考にしてみてください。

初穂料に適したのし袋は、スーパーやホームセンター、バラエティショップ、コンビニ、100円均一ショップなどで購入することができます。

水引は「蝶結び(花結び)」を選ぶ!「結び切り」「あわじ結び」はNG

のし袋の水引は紅白の蝶結び(花結び)のものを選びましょう。水引には本物の水引がかかっているタイプと印刷されているタイプがありますが、どちらを選んでも構いません。ただし、1万円を超える金額を包む場合は、本物の水引タイプをおすすめします。

蝶結び(花結び)の水切りは、結びやすくほどきやすいということから、繰り返し訪れても縁起の良い慶事に用いられます。お宮参りや七五三、入学、卒業など、子どもの成長に関する祝い事には、蝶結びを用いるのが一般的です。

水引には他にも、結び切りやあわじ結び(鮑結び)といった種類がありますが、それらは蝶結びとは役割が異なるため注意が必要です。

結び切りの水引は、固く結ばれていて解けないということから、繰り返さない方が縁起が良いとされる慶事や、末永い幸せを願ったお祝いに用いられます。結婚祝いや快気祝いなどの水引は結び切りが一般的です。

あわじ結びの水引も結び切りの一種です。あわじ結びは水引の中でも最高位とされており、結び切りと同様のシーンではもちろんのこと、慶事全般から弔事まであらゆるシーンで用いることができます。

関西あたりでは、繰り返す慶事にもあわじ結びの水引を使うという地域もありますので、水引を選ぶ前に地域の風習を確認しておくと良いでしょう。

”のし袋なし”の指定があれば無地の白封筒を用意する

https://www.amazon.co.jp/

神社が「のし袋なし」と指定している場合や、白封筒を指定している場合は、無地の白封筒を用意します。白封筒は郵便番号欄のないものを選びましょう。

白封筒は文房具の豊富なホームセンターやバラエティショップ、100円均一などで購入可能できます。しかし、小さなスーパーやコンビニでは取扱いがない場合もあるので、注意してください。

白封筒を通販で購入するならこちら

ちなみに白封筒はのし袋と同格とされています。仮に白封筒という指定がなくても、すでに自宅に白封筒がある場合は、のし袋を用意しなくても問題ありません。

双子の場合は2人分を1袋にまとめてもOK

双子以上の多生児のお宮参りを同時に行う場合は、1枚ののし袋に人数分の初穂料を入れてもマナー違反にはあたりません。

ただし、赤ちゃん同士が多生児(兄弟)以外の関係(知人や親戚など)で、一緒にご祈祷を受けるという場合には、人数分ののし袋が必要です。

のし袋や封筒の書き方

のし袋には「名目(初穂料、ご祈祷料など)」「贈る人(赤ちゃん)の氏名」「金額」「住所」を記入します。

のし袋の種類は主に、中袋と外袋の2重タイプと1枚の封筒タイプの2つです。種類によって記入方法が異なるので、以下のタイプ別の書き方を参考にしてみてください。

のし袋(中袋あり)の表書きの書き方

こちらは、外袋と中袋(お金を入れる封筒)がセットになっているのし袋の表書きの書き方です。

表書きは外袋の表面に記入します。

まず、水引より上の部分に「初穂料(もしくは御初穂料も可)」という名目を記入します。名目は最も目立たせたい部分なので、他の文字よりも大きめに書くのがポイントです。

※お寺の初参りの場合は「御祈祷料」や「御布施」と記入します。

続いて水引より下の部分に贈り主の名前を書きます。名前は名目よりもひと回り小さい文字で書くとバランスが整いますよ。

なお、名前の読みが難しい場合にはふりがなを付けておくと親切です。ふりがながあればご祈祷で名前を読み上げられる際に、読み間違いを防ぐことができます。

双子の連名の書き方

双子などの多生児の場合は連名で記名します。

まず長子の氏名を書き、その左隣に次子の名前だけを追記します。そして名前の読み方が難しい場合は、それぞれの名前の右側にふりがなをふっておきましょう。

名前の1文字目の高さを揃えて書くのが、きれいに仕上げるポイントです。

中袋の表書き(金額)と裏書きの書き方

中袋の表面には中央に大きく金額を記入します。金額の表記には旧字体の漢数字を使用するのがマナーです(ただし中袋に金額記入欄がある場合は、そちらに記入すればOKです)。

例えば1万円を包む場合は「金 壱萬圓」というように書きます。

旧字体は以下を参考にしてください。

1=壱、2=弐、3=参、5=伍、10=壱拾

千円=阡圓、万円=萬圓

※6、7、8の漢数字は現代と同じ略式漢字を使用します。

そして裏書きには住所と氏名を記入します。封筒に記名欄などがない場合は、左下に縦書きで住所→氏名の順に書きましょう。

のし袋(中袋なし)の表書きと裏書きの書き方

中袋のないのし袋の表書きは、水引より上の部分に「初穂料」という名目を、そして水引より下の部分に氏名(読み方が難しい場合はふりがなをふる)を書きます。

書き方は中袋ありののし袋の表書きと同じです。

裏書きには金額と住所を記入します。

まず、のし袋の左下に「金 壱萬圓」というように金額を旧字体で記入します。

旧字体は以下を参考にしてください。

1=壱、2=弐、3=参、5=伍、10=壱拾

千円=阡圓、万円=萬圓

※6、7、8の漢数字は現代の表記を用います。

次に、金額の左隣に住所を記入します。文字の大きさは金額の文字よりも小さめがポイントです。

白封筒の表書きと裏書きの書き方

白封筒への記入方法も、のし袋の場合と基本的には変わりありません。

中袋がある白封筒の書き方は、外袋の表書きに名目と氏名(読むのが難しければふりがなも)を記入し、中袋の表書きに金額を、裏書きに住所氏名を記入します(詳細はのし袋(中袋あり)の表書きの書き方と裏書きの書き方を参考にしてください)。

中袋がない白封筒の場合は、表書きに名目と氏名、裏書きに金額と住所を記入します。(詳細はのし袋(中袋なし)の表書きと裏書きの書き方を参考にしてください)。

白封筒の場合はスペースを区切る水引がありませんから、名目と氏名の間に空白を十分にとり、読みやすさに配慮しておきましょう。

文字は毛筆か筆ペンで書くのが正しいマナー

文字は毛筆または筆ペンで書くのが正しいマナーです。上手下手は気にせず、心を込めて丁寧に書くことを心がけてください。

とは言え「毛筆だと文字が読みづらくなってしまう」という人も少なくないでしょう。

そんなときには筆風のサインペンがおすすめです。サインペンと同様の書き心地なのに、筆圧によって文字に強弱をつけられるので、まるで毛筆のような美しい和文字を書くことができますよ。

筆風のサインペンを通販で購入するならこちら

筆風ではない一般的なサインペンを使いたい場合は、裏書きの住所等の小さい文字への使用にとどめ、表書きなどの大きな文字には筆を用いましょう。

ボールペンや万年筆、マジックはマナーとしてふさわしくありません。

お金の入れ方

お金の入れ方のポイントは紙幣の向きです。表が上になるようにして紙幣を重ね、のし袋または中袋に対して、人物画が上にくるようにして(封筒から取り出した時に真っ先に人物画が見える向き)封筒に納めます。

白封筒の場合も同様に、紙幣の向きを揃えて入れましょう。

初穂料は新札でなくてもOK!きれいなお札がベター

初穂料のお札には新札を用いるのが理想的です。しかし、必ず新札を用いなければならないというマナーはありません。

とは言え、初穂料は神様にお供えするお金ですから、汚れや破れなどがあると失礼にあたります。新札でなくても、なるべくきれいなお札を用意するのが望ましいでしょう。

のし袋をふくさに包む方法

のし袋を裸でかばんに入れておくと、シワや汚れが付く恐れがありますから、ふくさに包んでおきましょう。

ふくさとは、縮緬(ちりめん)製の布のことで、のし袋を包むために用いられます。

ふくさの役割はのし袋を汚れから守るというだけではありません。「心を込めた贈り物であることを示す」という大切な役割もあるんです。

ふくさのカラーバリエーションは豊富ですが、お宮参りのような慶事には、例えばゴールドや赤、オレンジといった暖色系の明るい色味のものがおすすめです。

もしくは紫色のふくさや、表と裏にそれぞれ明るい色と暗めの色を配色したリバーシブルタイプのふくさであれば、慶事と弔事の両方に使えるので、1枚持っていると便利ですよ。

ふくさの形状には主に「金封タイプ」と「風呂敷タイプ」があり、それぞれに正しい包み方が決められています。各ふくさの包み方は以下のとおりです。

金封タイプのふくさの包み方

金封型のふくさは、横長の洋封筒を縦長に回転させたような形状で、蓋を開けると内側はポケットのような形になっています。

お宮参りのような慶事の際には、自分から見て右開きで金封ふくさの蓋をめくり、ポケットの部分にのし袋を入れてください。

蓋を開く向きは必ず守りましょう。左開きは弔事の包み方なので、ちょっとした間違いが大きなマナー違反となってしまいます。

風呂敷タイプのふくさの包み方

風呂敷タイプのふくさは正方形の1枚布で、正式なふくさはこちらのタイプとなります。

風呂敷タイプのふくさの包み方は意外とシンプルです。まず、自分から見てひし形(ダイヤ型)になるようにふくさを広げてください。次にふくさの中心よりやや左側にのし袋を置きます。

そしてふくさの角を中央に合わせるように折りたたんでのし袋を包んでいきます。左の布→上の布→下の布の順に布の角を上に重ねていきましょう。

最後に右側の布をかぶせるのですが、この時余った角の布は、裏面に巻き込むように折りたたみ、全体の形を長方形に整えます。

風呂敷タイプのふくさの場合も金封ふくさと同様に、左側の布を一番上に重ねないように気をつけましょう。これは弔事の包み方にあたります。

【初穂料のマナー:作法編】渡すタイミングや言葉の添え方

続いてはお宮参り当日に、神社で初穂料を渡すときのマナーを解説します。

初穂料はご祈祷の受付を行うタイミングで渡すのが一般的です。

ふくさは受付に着く前に外してしまうのではなく、受付時に外しましょう。

金封ふくさの場合は、蓋を開いて、蓋を裏面に折りたたみ、のし袋を取り出します。そしてのし袋の向きを渡す相手に対して正面に向けてから、両手で手渡しましょう。

風呂敷ふくさの場合は、一番上の布(右側の布)と下側の布を順に開き、それぞれの布を裏面に折りたたみます。そしてふくさの形が乱れないようにのし袋を取り出し、のし袋の正面を相手方に向けて、両手で手渡しましょう。

神社で初穂料を渡すときには「お供えくださいませ」や「御神前へお捧げくださいませ」といった言葉を添えると丁寧です。

お寺で御祈祷料を渡す場合は「本日はよろしくお願いします」「どうぞお納めください」という言葉を添えると良いですね。

初穂料は神聖なもの!しっかりと事前準備を行おう

初穂料は、子どものハレの日に神様にお供えする神聖なお金です。神様に対して失礼にあたらないように、そしてお宮参りの主役であるわが子の顔を立てるためにも、事前準備はしっかりと行いたいですね。

初穂料のみならず、のし袋で祝儀を贈る機会は、この先に幾度もあるでしょう。一度マナーを覚えてしまえば、あらゆる祝い事に対応できますから、これを機会にマスターしておくことをおすすめします。

ライター情報
memorico 編集部
方戸モナ

10歳の子供を持つママライターです。前職は育児用品や幼児玩具を扱う企業に勤めていました。
そこではたくさんのママさんパパさんと関わる機会があり、同じ母親として多くの学びとパワーをいただきました。
私も子育てを頑張るママさんパパさんへ、エールの気持ちを込めて情報をお届けしていきます!
最近のマイブームは、フォームローラーを使って全身をゴリゴリほぐすストレッチです。

イベント
子育てメディア memorico
タイトルとURLをコピーしました