初節句の料理なにつくる?男の子と女の子でみる離乳食メニューや食材の意味

初節句の料理は決まりましたか?「男の子と女の子でなにをつくればいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事は、初節句でつくる男の子と女の子の離乳食お祝いメニューや食材の意味などを紹介します。「忙しくて料理をする時間がない……」というママパパ向けに、出前や取り寄せの相場なども後半に載せているので、ぜひチェックしてみてください!

初節句とは?

初節句とは、赤ちゃんが産まれてから初めての節句のことです。節句とは「季節の変わり目」という意味ですが、日本には5つの節句がありそれを5節句と呼びます。

日付と節句の名前はコチラ↓

1月7日:七草の節句

3月3日:桃の節句

5月5日:端午の節句

7月7日:星祭

9月9日:菊の節句

知っている節句の名前はありますか?ちなみに、1月1日(元旦)は特別なので5節句に含まれていません。

昔は、神様にお供え物をするという風習がありましたが、現在はもっとカジュアルになり、子どもの健やかな健康を願う季節行事になりました。

初節句をお祝いする日はいつ?

5節句で赤ちゃんをお祝いする初節句は、5月5日(こどもの日)と3月3日(ひな祭り)です。男の子は5月5日の端午の節句に行い、女の子は3月3日の桃の節句にお祝いをします。

赤ちゃんが産まれてすぐに初節句を迎える場合は、お祝いする日を翌年に延ばすこともあります。産まれた日によっては、お宮参りやお食い初めなどのイベントが続き、慌ただしくなってしまいます。

赤ちゃんもママも、無理のない時期にお祝いをしましょう!

お祝いは誰を呼べばいいの?

昔は、両家の祖父母、親戚、父母の友人など色んな人を呼んでお祝いをすることが普通でした。自分が子供のころの写真を思い返すと、おじいちゃんおばあちゃんが祝ってくれていたような気がしますが、現在は誰かを招待するという決まりは特にありません。

例えば、

  • 家族のみ
  • 両家の祖父母を呼ぶ
  • 友人を呼ぶ

このように、今は色んなケースで初節句をお祝いしています。私の場合は、祖父母が遠方にいることもあり、家族のみで子どもの初節句をお祝いしましたよ。

家族それぞれの形があるので、夫婦でしっかり話し合えるといいですね!

初節句の料理 知っておきたい3つの心構え

初節句のお祝い料理を用意するうえで、押さえておきたいポイントは3つあります。これから初節句の準備をする方はチェックしてみてください。

1.事前準備を念入りに

ポイント1つめは、事前準備をしっかり行うことです。当日バタバタしないためにも、料理の下ごしらえを前日までに終わらせておくと楽ですよ。

例えば、

  • 炊飯器のスイッチは押すだけにしておく
  • 汁物やおかずは温めるだけ
  • デザート、ケーキは切るだけ
  • どの食器に何を盛るか考えておく

このような準備をしておくと、当日はスムーズに過ごせます。

手料理を作らない場合は、出前や取り寄せの予約を忘れないようにしましょう。

2.食べない場合も想定しておこう

いつもより気合いを入れてつくった料理に限って、全然食べない……。なんてことはよくあります。

手の込んだ普段と違う料理を食べないときのために、念のため食べ慣れたご飯やパンなど、簡単なものを用意しておくと安心です。

3.完璧の求めすぎに注意

初節句のお祝い料理は、「盛り付けにこだわりたい」「すべて手料理で用意したい」と、子供のために気合いが入りますよね。

とはいえ、料理以外にも家事や育児などやることはたくさんあります。忙しい日に限って、お茶をこぼしたりオムツが漏れたり……ハプニングが起きることもよくあります。

手料理をふるまうのはとても素敵ですが、デザートだけはお店で買ったものにしたり、盛り付けを手伝ってもらうなどして負担が減らせるといいですね。

無理のない程度に、初節句の料理を楽しんでお祝いしましょう!

初節句でつくる料理(食材)の意味を知っておこう

ここでは、初節句でよく使われる食材の意味についてご紹介します。どちらの食材も、子どものお祝いにぴったりな意味があるので、ぜひ料理に加えてみてください。

男の子をお祝いする初節句の料理に込められた意味は?

鯛は、縁起がいいといわれているのでお祝いの料理にぴったりです。「おめでたい」「めでたい」という語呂合わせも有名ですよね。

他の魚に比べて長生きする鯛は、長寿の象徴とも呼ばれています。

タケノコ

タケノコは、竹のようにまっすぐ成長することから、「すくすくと元気に育って欲しい」と言う意味が込められています。

うなぎ

メイン料理にもなるうなぎは、「うなぎ登りにあがっていくように」という意味が込められています。

うなぎが出ると食卓が豪華になるので、初節句のようなめでたい日にオススメです。ビタミンAやビタミンBが豊富なうなぎを食べて元気をチャージしてみてはいかがですか?

ブリ

ブリは出世魚(しゅっせうお)と呼ばれていて、成長段階によって名前が変わっていくのをご存じでしょうか?

あまり知られてないかもしれませんが、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリといったように、大きくなるにつれて名前が変わる魚です。

このように成長するにつれて名前が変わることから、「子どもが出世できるように」といった意味が込められています。

赤飯

食卓にお赤飯があると「今日は特別な日」と感じませんか?お赤飯の中にある「小豆」は「まめに健康で働く」と言う意味があり、「赤色のご飯」には、邪気を祓い、災いを避けると言われています。

女の子をお祝いする初節句の料理に込められた意味は?

ちらし寿司

色とりどりの具材が入ったちらし寿司は、ひな祭りの定番料理です。見た目も華やかで、食卓に並ぶとワクワクします。ちらし寿司にはたくさんの食材が入っていますが、その中でも縁起の良い食材を紹介します。

エビ:長いひげやくるんと曲がった形が特徴的ですが、「腰が曲がるまで長生きする」という意味で、長寿を表しています。

錦糸卵:金銀財宝を表していて、子どもがお金に困らないようにという意味があります。

レンコン:穴の開いたレンコンは、「将来の見通しが良くなりますように」といわれています。

このように、ちらし寿司はお祝いにぴったりな食材を詰め合わせた宝石箱のようなものです。ひな祭りのお祝いに、ぜひ用意してみてはいかがでしょうか。

はまぐりのお吸い物

はまぐりの貝殻は対になっていてぴったり合うことから、「良縁に恵まれ、いつまでも仲のいい夫婦でいれるように」という意味が込められています。きれいな飾り麩を入れると華やかになります。

ひなあられ

ひなあられは赤・黄・緑・白の4色が使われいて、それぞれ春夏秋冬を表しています。1年を通して、「娘の健康や幸福を祈る」という意味が込められているお菓子です。

ひしもち

鮮やかなひしもちは、緑、白、ピンク(赤)の3色でつくられています。それぞれの色が、なにを意味しているかみてみましょう。

  • 一番下の緑は「健康」
  • 真ん中はの白は「清浄」
  • 一番上のピンクは「魔除け」

このような特徴があります。

実は、色の順番にも意味があるのをご存じでしょうか。下から順に、「草→雪→桃の花」あを表していて、春の訪れをイメージして重ねられているものです。

初節句でつくる離乳食の料理は?

まだ大人と同じような料理を食べれない離乳食期では、どのようなお祝い料理を作ればいいか迷いますよね。

特に離乳食初期から中期頃は、食べさせる食材が少ないのですが、盛り付けなどを工夫して初節句の特徴や季節感を出すことができます。

それでは、初節句につくるお祝い離乳食メニューを紹介します。男の子と女の子で違いがあるので、参考にしてみてください。

初節句でつくる男の子の離乳食メニュー

男の子の初節句は「こどもの日」なので、こいのぼりや兜のデザインでつくる料理が人気です。離乳食初期では、お粥やすりつぶした野菜などを使いデコレーションしていきましょう。

使っている材料は、

  • チンゲン菜
  • トマト
  • 卵黄

この3つをそれぞれお粥に混ぜ、こいのぼりの形にしています。こいのぼりの目は焼き海苔をカットしているそうです。

チンゲン菜の代わりに、ほうれん草を使用したり、かぼちゃやニンジンなどの野菜でも彩りが綺麗で、かわいい仕上がりになりますよ。

少し固形のもが食べられる離乳食中期~後期の場合は、飾り切りしたニンジンなどの湯で野菜をお皿にデコレーションしてみましょう!それだけでも、特別な日らしい離乳食プレートになります。

初節句でつくる女の子の離乳食メニュー

女の子の初節句は「ひな祭り」なので、お雛様やひしもちをイメージした離乳食が人気です。女の子のイベントらしく、彩りも鮮やかで可愛らしい離乳食プレートを紹介します。

こちらは見た目もキュートなお雛様プレート!じゃがいも、キャベツ、トマト、ほうれん草、ニンジンをペーストにして盛り付けをしたものです。

こちらは3色の彩りが綺麗な、ひしもちの離乳食プレートです。お粥に、キャベツ、鯛、いちごを混ぜ合わせ色を作っています。お雛様デザインよりも、難易度は低いのでチャレンジしやすいですよ。

また、離乳食後期になり、ご飯を手づかみ食べれるようになってきたら、「3色おにぎり」も簡単につくれるのでオススメです。

3色おにぎりの材料は、

  • 青のり
  • すりごま
  • 鮭フレーク

この3つを使い、それぞれ柔らかめのご飯に混ぜ色を付けます。食べやすい大きさに握れば完成です。

お祝い料理は、「ちょっと大変そう…」と不安になりますよね。そんなときは、同じものを一度練習しておくとつくり方のコツがわかり、ぶっつけ本番でつくるよりもスムーズに料理がつくれますよ。

離乳食をつくるときに気をつけたいポイント3つ

初節句の離乳食プレート作りで、ここだけは押さえておきたいポイントを3つ紹介します。これから初節句をお祝いする方は、参考にしてみてください。

離乳食お祝いプレートをつくるうえで大切なことは、

  • 食べ慣れた食材を与える
  • 食べさせる量に気をつける
  • 初めての食材を使うなら、午前中がベスト

このようなポイントに気を付けてみましょう。

離乳食期は、子供の成長に合わせて食べていい食材や、一度に食べる量が決まっているので、お祝いプレートをつくるときは注意しましょう。

産まれて初めて迎える初節句のお祝い料理は、赤ちゃんが大好きな野菜を入れて作ってみてはいかがでしょうか。

初節句の料理は出前や取り寄せもあり?相場はいくら?

初節句のお祝いはしたいけど、「手料理に自信がない…」「忙しくてつくる時間がない」「上の子のお世話もあって大変」という方もいますよね。

そういった方にオススメなのが、出前や取り寄せを活用することです。手料理も素敵ですが、プロの料理人による料理も家族みんな喜ぶはずです。

初節句にぴったりの料理やケータリングなどもたくさんあるので、気になる方は通販サイトなどで調べてみてはいかがでしょうか。

初節句の出前や取り寄せは何を頼めばいいの?

初節句の料理を頼みたいけれど、「お店に何があるか分からない」と悩んでいる方もいますよね。出前や取り寄せで、初節句に用意したいオススメ料理をご紹介します。

  • 懐石弁当
  • うな重
  • 鯛の塩焼き
  • ちらし寿司やてまり寿司
  • ケータリング

他にもたくさんありますが、このあたりは定番なので通販や出前などでも探しやすいですよ。

エビや赤飯、はまぐりのお吸い物がセットになった縁起のいいお祝い膳や、家族みんなでたのしめる手巻きずしパーティプレートなどもオススメです!

祖父母や親戚などを呼ぶ場合は、好みの食べ物や苦手なものはないか?など事前にチェックしておくと当日安心します。

また、デザートにケーキやプリン、旬のフルーツなどを用意しておくとお兄ちゃん、お姉ちゃんも喜びますよね。

初節句で出前や取り寄せをする場合の相場

出前や取り寄せを注文する場合、大人1人あたり5,000円前後の料理を頼む人が多いようです。離乳食は市販のベビーフードを活用すれば、簡単に栄養バランスも取れた料理ができます。

何を頼むか、どのくらいの量のものを注文するかで変わってきますができるだけ負担を軽減することもお祝いを楽しむために大事なことなので、ぜひ参考にしてみてください!

出前や取り寄せのメリット

初節句の料理を、出前や取り寄せにした場合のメリットをみてみましょう。

  • つくる時間がないので、手間がかからない
  • 失敗しない
  • 見栄えが良い
  • 洗い物が少なくなる

やはりプロがつくるものですから、見た目が華やかでとても豪華にみえます。また、後片付けも捨てるだけでいいものが多いので、食器を洗う手間がありません!

忙しくて料理をつくる時間がない方や、そもそも料理が苦手な人は出前や取り寄せを考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

初節句の料理は何にするか決まりましたか?今回の記事では、こどもの日、ひな祭りにオススメの離乳食メニューや出前や取り寄せを活用した場合は何を頼めばいいかなどを紹介しました。

一生に一度しかない初節句を家族みんなで楽しんでください。初節句を迎えるみなさん、おめでとうございます!

ライター情報
memorico 編集部
田中しづる

【離乳食・幼児食コーディネーター/主婦ライター】
未就学児2人の子育てをしている、田中しづると申します。
現在は上の子が保育園に通っている間に、自宅で赤ちゃんを見ながらWEBライターをしています。
とはいえ、育児と仕事を両立するのは大変で毎日あっという間に1日が過ぎております。
子育て中のママの悩みに寄り添いながら、役立つような情報を発信していきます!

食事
子育てメディア memorico
タイトルとURLをコピーしました